FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四柱推命教室は本日も大賑わい

四柱推命教室は本日も大賑わいという本を読んだ。 以前に何気なしに買ってた本だったが、最初から読み返してみた。

中西政山という人の書いた本で、なぜか見返しのところに筆者のサイン付きになっている。

この中西政山さんは、現在は四柱推命の先生で、東洋易学院学院長だとか、日本易学連合会理事近畿支部の本部長だとか色々な肩書きが並んでいる。

本には、本人の生い立ちから四柱推命に出会って四柱推命の先生になった経緯などが書いてあり、占いの本というより気軽な読み物という感じである。

本の後半には、実際に鑑定した人の命式とアドバイスをした内容が書いてある。また有名人の命式も掲載してこの人はこういう星を持っているからこうなんです的に解説してある。

例えば、明石家さんま、長島茂男、桂文珍、小泉純一郎、ビンラディン、千昌夫、小渕恵三などを出して説明してくれているので面白い。

四柱推命の入門的な本を読んだ程度なら、言ってることがよく理解できるし、四柱推命の通変星というのはこういう風に解釈できるんだなあというのが分って楽しい。

ただ、出している命式のすべてが生まれ時刻なしの3柱なので、四柱推命の鑑定というよりは、四柱推命の命式を使ったカウンセリング的な印象を受ける。私が客ならこんな鑑定をされるのは嫌だ。

ああ、そういえばこの本には、女性の結婚してはいけない年は、空亡なんかではなくて傷官の年だと書いてある。興味のある人は読んでみたらいいかもしれない。

この本は、四柱推命の正式な勉強には全然向いてないが、軽い感じの読み物だし他にこのような本はないので四柱推命にちょっと興味あり程度の人にはおすすめかもしれない。

ちなみに著者の中山政山さんの師匠は、田邊象山さんとのことだ。田邊さんの奥さんには占ってもらったことがあるが田邊象山さん本人は知らない。

本の最後に中西政山四柱推命教室の入門案内があるが、この本の内容だけでは本当に実力のある人なのかどうか分らない。

四柱推命教室は本日も大賑わい

クモ女のブログ発見PageTop御神籤

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

検索

プロフィール

kannsaiフール

Author:kannsaiフール
占いなんかに頼るなんてとバカにしていた当時30代の男kannsaiフールが2000年に占い師初体験をきっかけに占い師をめぐり自らも占いを勉強するに至ったお話です。占いについての雑感と占い師体験談について語ります。

六爻占術の無料レポート請求↓

六爻占術の30ページにわたるレポートはここで請求↓

ヤフオク

占い本や鑑定も落札できる

↓ブログランキング

記事が参考になったと思って頂いた方は↓クリックお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

タロット教材

売れている金運財布

タロットカードを買うなら

ダリのタロットもある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。