FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましい盲師派推命占術



数年前に不思議研究所で買ったテキストである。

テキスト

中国には、目の見えない人の間でしか伝えてはいけないという秘密の四柱推命があるらしい。

そしてその四柱推命の的中率は、通常の四柱推命の比ではないという。

そして、このテキストの著者である段建業さんは唯一、目が見えるのに盲師派四柱推命を伝えてもらった人で、不思議研究所を通して出版した入門書が、盲師派推命占術テキスト第一巻である。

このテキストは、入門書で、盲師派推命の一部しか分からないが、理解できてくるとかなり面白い。

通常の四柱推命と言われているのは、印綬格とか正財格とかにパターン分けしたり、日干の強さを判断して身旺とか身弱とかを判断して、命式のバランスを見て良い命式とか悪い命式とか言ったりするわけだ。

四柱推命を少しでも勉強したことのある人なら命式は均衡がとれたもの程良い命式だということを知っているだろう。

しかしこの盲師派の四柱推命は、格もとらなければ、日干の強弱もみない。そんなの関係ねーという四柱推命なのである。偏った命式ほど、出世したり大金持ちになったりすると言っているのだ。

つまり全く、違う判断方法を使うわけだが、これが面白い、もしテキストの例題のように本当に判断できるなら、かなり具体的に人生に起こる未来を予知できるはずなんである。

でも、このテキストはあくまでも入門編であり、しかもその後、続編は全く発刊される様子すらない。

せっかく面白いと思えるようになってきたというのに、悩ましい限りである。

やはり盲師派推命占術は、幻の占術なのか。


紫微斗数を体験PageTopシュクレが無くなってた

Comment

石英さん

ソフトは確かに持っていましたが、パソコンを買い替えたところうまく移動できず新パソコンでは動かないのです。もしかしたらそういう設定なのかもしれません。今は使っていないのでふしけんに問い合わせる予定もないです。すいません。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

検索

プロフィール

kannsaiフール

Author:kannsaiフール
占いなんかに頼るなんてとバカにしていた当時30代の男kannsaiフールが2000年に占い師初体験をきっかけに占い師をめぐり自らも占いを勉強するに至ったお話です。占いについての雑感と占い師体験談について語ります。

六爻占術の無料レポート請求↓

六爻占術の30ページにわたるレポートはここで請求↓

ヤフオク

占い本や鑑定も落札できる

↓ブログランキング

記事が参考になったと思って頂いた方は↓クリックお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

タロット教材

売れている金運財布

タロットカードを買うなら

ダリのタロットもある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。