FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫微斗数を体験5

今の派遣会社には不満だった。8月までは業務委託という形のチームのメンバーとして働いていたのだが、給与には、所得税だけが引かれているだけ、雇用保険や社会保険もなし。

つまり個人事業主であるという説明だった。

が、実態は完全な雇用だったため、こういうイカサマなことをやる会社を信頼できなかったわけである。

それでも、業務は同じだが、9月から派遣という形態に変更になるというのでとりあえずは、違法な形態では、なくなるということで自分の立ち位置が定まってよかったかと思っていた。

ところが、9月から派遣として派遣先に直接従事することになると、派遣会社の言ってた内容とは大きく違っていた。

がんじがらめの管理体制とほぼ強制的なサービス残業。増え続ける事務作業。

こういう時、人によって反応は色々だ。

世の中が仕事がないんだから我慢するしかないと思って諦める人、ストレスで病気になってしまう人。あっさりと辞めてしまう人。

私の場合、四柱推命でいうと傷官と正官が二つ並んだ命式である。四柱推命を知っている人なら、分かると思うが、このタイプは必ず組織に対して反逆の心を持つ。辞めるにしてもせめて一太刀浴びせてやりたいと思うわけである。

かと言って、いきなり切りかかるというのも本意ではない。そこであらかじめ、チームリーダー(同じ派遣社員であるが)に残業代は請求するつもりであり、交渉が決裂した場合は、10月末で辞めることも考えていると話していた。

このリーダーが必ず派遣会社にチクることを予想してのことである。

そしてこの読みは的中し、会社のほうからある日名指しで呼ばれることになった。きっちり伝わったわけである。

そして面談となった。

派遣会社担当「残業代は派遣会社としても派遣先に請求したが、払わないと言われた。どうしますか?」

は、「これからも残業をしても支払いはないのですか?」

派遣会社「はい。」

私「だったら10月末まででお願いします。」

この瞬間、10月が辞め時という占い結果は当たってしまった。

しかしこの時私は、派遣会社の「痛いところを付いてくるような奴は辞めてもらったほうがいい」という気持ちを読みとってしまった。

せめて一太刀浴びせてやる。その気持ちが湧いてきた。傷官が正官を剋しはじめたわけである。

史津香さんの言ってた「揉めることになるが、大事には至らない」という言葉が思い浮かんだが、まあいい。やりたいようにやってやるさ。

ということで、また、例のリーダーを利用することにした。こいつは必ずチクるから使いやすい。

ある日、リーダーに「毎日パソコンに打ち込んでる退社時間はすべて出してもらえるんですよね。表にして。」

「え、なんで?」

「明日労働基準監督署に行くから証拠がいるので。派遣先が残業代を払わないと言ったからと言って派遣会社が払わない理由にはなりませんから」

「ああ、そう。出してもらえるんじゃないかな。聞いてみたら」

「わかりました。」

後はこいつが必ずチクるから派遣会社の反応を待つだけである。

※そういえば、私は以前この仕事は突然辞めることになると3人の占い師に言われていたのを思い出した。希多さんと、沙羅さんと里見龍元さんである。当たってしまったなあ。派遣会社との面談の寸前まで自分で辞めるというとは思わなかったからなあ。

つづく。


紫微斗数を体験6PageTop紫微斗数を体験4

Comment

今回の記事も興味深く読ませてもらいました。フールさんも通信の営業職をされていたりと、以前から自分に近しい感じがしてましたので、ほんと身につまされる話です。
私も過去にちょっと似たような経験があります。偽装請負をしていた派遣元と派遣先を同僚が告発しまして、会社に労働基準局が入ったり、何だかんだあって派遣元から請負の営業チームそれ自体を潰されてしまった事があります。
あと私が現在所属している会社は雇用保険や社会保険はついているのですが、基本給が激安なのでインセンティブが付かない時期は馬鹿高い保険料を払わされる事になってしまってます。
何だかパッとしないご時世ですが、お互い何とか凌いでいきましょう!
それにしても三人の占い師さんから同じ事を言われるというのもすごい話ですね。
ちなみに私も五行易で二人の占い師さんから「今の仕事は長くは続きません」といわれましたけど・・・
また次回の記事を楽しみにしています。

まさに戦闘中なのですね、、。
何を隠そう、私も外国人専門の派遣会社に努めておりまして数年前の「100年に一度のなんてろ」で仕事を辞めることになりました。

派遣会社と言っても仕事を斡旋するほう、つまり社員側の人間でした。ですが、リストラが決まれば冷たいものです。一週間以内に宿舎から出て行けと言われました。
黙って言う通りする思ったら大間違い。すぐに労監に連絡してやりました。その後、会社から連絡がかかってきましたが、態度が一変。

結局、一週間が二週間に伸び、行き先を考える時間を確保、自己都合から「当然の」会社都合となりました。

この業界はグレーゾーンが広いです。
二度とこの業界には関わるものか、いろいろ成長したとは思いますが、最後の扱いだけは思い出すだけで腑が煮えくり返ります。

今は大変ですが、自分のある状況に感謝しています。
お気持ちお察し致します。
いろんな先生方よりそのようなことを言われていたのなら、心支えになりますね^^

頑張って下さい!

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

きんたさん
こんばんは。

需要と供給の関係からすると今は、圧倒的に雇う側が強いですから、何も言わないといくらでもいいように扱われてしまいます。かといって使用者側に何か言えば、自分の評価が下がると思って我慢している人ばかりです。

こういう時代は占いが流行りますよね(笑)。

のりお様
こんばんは。

応援ありがとうございます。

まあ、今いる職場の商品もイマイチ好きになれないものだったので、スッキリしていいです。好きになれない商品を好きになれない営業手法で売りつけるのも私の命式では合いません。

でも占いを勉強しているとそういう環境に合っている人もいるから面白いです。

会社から売れと言われれば、たとえ詐欺的なものでも喜んで売ってくる人もいます。服務しているふりをして現場では正直な営業トークをしている人もいます。本当にタイプは色々です。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

検索

プロフィール

kannsaiフール

Author:kannsaiフール
占いなんかに頼るなんてとバカにしていた当時30代の男kannsaiフールが2000年に占い師初体験をきっかけに占い師をめぐり自らも占いを勉強するに至ったお話です。占いについての雑感と占い師体験談について語ります。

六爻占術の無料レポート請求↓

六爻占術の30ページにわたるレポートはここで請求↓

ヤフオク

占い本や鑑定も落札できる

↓ブログランキング

記事が参考になったと思って頂いた方は↓クリックお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

タロット教材

売れている金運財布

タロットカードを買うなら

ダリのタロットもある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。