FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗の拳は占いの要素がいっぱい

最近、ユーチューブで北斗の拳の1シーンを中国語と韓国語に翻訳したものをまた日本語に再翻訳したセリフで吹き替えしている動画を見て笑い転げながら気がついた。

北斗の拳って占いの要素が多いのである。(女性はあまり北斗の拳を見てないから知らないかも)

まず、死期が迫ってくると北斗七星の横に輝く死兆星(しちょうせい)が見えるという話。アニメだから納得してみていたが、よく考えると、これって黒猫が目の前を通り過ぎたら不吉だみたいな、死神のカードが出たから、よくないみたいな、一種の占いじゃないだろうか。

しかも、よく当たる占いなのだ。これが。でもトキとラオウの二度目の対決の時には2人とも死兆星をみていたが、ラオウは勝ったから外れている。

いや、もしかしたらすでにラオウはその後ケンシロウに破れる運命にあったから死兆星を見てしまったのか。

まあ、どうでもいいか。

それと南斗六聖拳の人たちなんて、義の星のレイとか仁の星シュウとか、みんな生まれつき宿命の星を持っていて、それをみんなけっこうマジで信じて生きているのである。

将星のサウザーなんて帝王の星に生まれたものだから、プライド強すぎて愛を捨てて戦いに生きるわけである。天下統一の野望を抱いて。

それにしてもどうやってその宿星を導き出したのかアニメの中では一切描かれていないが、もしかしたら生年月日から割り出したのかも知れない。

生年月日を調べて占ってみたら、「あなたは、妖星だから男だけど女みたいになるでしょう。正確も嫉妬深いし」とかユダは言われたのかもしれない。

でも占ったのは誰だ?

きっといたにちがいない。北斗と南斗の道場に占い師が。


図解雑学 手相PageTop紫微斗数をかじってみて

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

検索

プロフィール

kannsaiフール

Author:kannsaiフール
占いなんかに頼るなんてとバカにしていた当時30代の男kannsaiフールが2000年に占い師初体験をきっかけに占い師をめぐり自らも占いを勉強するに至ったお話です。占いについての雑感と占い師体験談について語ります。

六爻占術の無料レポート請求↓

六爻占術の30ページにわたるレポートはここで請求↓

ヤフオク

占い本や鑑定も落札できる

↓ブログランキング

記事が参考になったと思って頂いた方は↓クリックお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

タロット教材

売れている金運財布

タロットカードを買うなら

ダリのタロットもある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。