FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド占星術の対面鑑定に行ってみた その2

生年月日時は、あらかじめメールで秀吉さんに送っていたので、喫茶店の椅子に座ったときにはすでに テーブルの上に私のチャートが置かれていた。 

つまり1時間の鑑定時間は、まるまる鑑定時間になる。 

インド占星術の場合、チャートは手計算せずにパソコンのソフトに入力したチャートを使うのが普通である。 

「仕事についてなんですが、自営業をしていまして今の状態をもう数年続けてるんですが、なんとか生活はできて いるのですが、貯金はできないくらいギリギリなんです。 今後の仕事運を教えてください。」 1年前のことなんで正確にはなんと言ったか忘れてしまったが、こんな感じできりだしたと思う。 

それに対して秀吉さんは、私のチャートを解説しながら、説明してくれた。 

それによると私が以前から自分のチャートを見て、成功の時期の土星期についても、やはりそうであるらしく、以前の アンタルダシャー土星期には結婚もして仕事も実力以上の評価があった時期と比較しても今度は、それと似たような 状態になるが、マハーダシャーの土星期のほうが、けた違いの大きいということだった。 

ちょっと専門的な用語になるが、私のチャート上では、11室に惑星集中。2室在住の木星と11室の水星の星座交換でダナヨーガが形成され、ラージャヨーガカラカの土星、水星が11室でコンジャンクションでスーパーラージャヨーガが形成されている。 

11室はうお座で水星は減衰するが、ニーチャバンガが4つもありキャンセルされている。さらに5室の月と相互アスペクトしてこれもラージャヨーガである。 

なんのことかわからないが、要するに成功する配置が11室の土星と水星に絡んでいてその土星の時期が来年からはじまるのである。 

あーよかった。自分で鑑定したとおりだった。 

あとは当たるかどうかだけど、もういいや。別に。もう若くないし。何ができるんだよ。  

今より生活が楽になれば御の字だ。 

ああ、そういえば、昔四柱推命でも金運が急上昇すると言われる時期に今年から入ってた。 

全然急上昇してないけど、1年、2年は誤差と思って楽しみにしていよう。 

秀吉さんの対面鑑定であるが、やっぱり第一印象どおり、学者っぽかった。 

まず、全然笑わない。若い女性の相談者なら笑顔になるのかもしれないが、きっと基本は笑わない人だ。 

それに、成功の時期を説明するときも実に淡々としている。全く励ますこともない。 

どちらかといえば、私の過去にあった出来事を話すと一生懸命にメモしていて、検証して研究しているようだった。 

以上、インド占星術対面鑑定の体験である。 




克子の部屋がなくなっているPageTopインド占星術の対面鑑定に行ってみた

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://kannsaiuranai.blog37.fc2.com/tb.php/285-2d2befff

検索

プロフィール

kannsaiフール

Author:kannsaiフール
占いなんかに頼るなんてとバカにしていた当時30代の男kannsaiフールが2000年に占い師初体験をきっかけに占い師をめぐり自らも占いを勉強するに至ったお話です。占いについての雑感と占い師体験談について語ります。

六爻占術の無料レポート請求↓

六爻占術の30ページにわたるレポートはここで請求↓

ヤフオク

占い本や鑑定も落札できる

↓ブログランキング

記事が参考になったと思って頂いた方は↓クリックお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

タロット教材

売れている金運財布

タロットカードを買うなら

ダリのタロットもある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。